2012年3月2日金曜日

facebookやmixiとの違い

hitoisとfacebookやmixiとの違いを明確にしておこう。

まずfacebook。facebookは実社会での人間関係をより円滑にするためのWebサービスです。つまり、知っている人同士のつながりをWeb上で実現しようとするものですね。
なので、知らない人と友人になることは推奨されていません。
あくまで、知っている人と連絡を取り合ったり、近況を報告したりするサービスです。

次にmixi。mixiとhitoisとの違いは微妙です。
mixiでは結構知らない者同士でも、コミュニティなどで知り合って友人になり、その後実社会でも友人になるといった、Web上での出会いが中心のWebサービスです。
実はhitoisも同じような側面を持っています。大きな違いは、完全公開かそうでないかです。

hitoisの場合、登録した内容はプロフィールも掲示板(日記とも言える)もコミュニティも全て公開され、Googleなどの検索エンジンにヒットするということです。これは、hitoisが、自分を世界にアピールすることを目的としているからです。Web上での行動をより広く世界の人々に知ってもらい、自分に関心を持ってもらうことを目的としています。

私は普段こんなことを考えています。こんな趣味を持っています。こんな主張を持っています。そういったアピールをする場がhitoisです。そういった点で、mixiとは異なるサービスになっています。

また、全て公開と言っても、登録する内容のほとんどは任意入力です。名前もニックネームも入力せずに使うことが出来ます。この場合、ドメインがその人を識別する名前になるわけですが、プロフィールやコミュニティなどでの書き込みがそのドメインに人格を与えます。ネット上の実名と呼んでいるのですが、ネット上で活動するためのペンネームみたいなものですね。hitoisはあくまでWeb上での付き合い、活動を中心に考えているので、実名である必要は無いのです。信用できるかどうかは、その人のWeb上での行動で判断するということになります。そういった点でも、hitoisはfacebookやmixiと異なります。