2011年6月30日木曜日

Google+が発表されました

Googleの新しい本格的SNS、Google+が発表されました。
まだ試していませんが、色々な情報を見た限り、目玉のサークル機能は、公開範囲をより細かく細分化するもののようです。全て公開しようという発想のhitoisとは真逆の形となりますね。

こういうものが出てくると、自分がやろうとしていることが正しいのか不安になります。
hitoisは自分を世界にアピールするためのSNSです。そのため、全て公開です。
でも、Googleは情報の公開範囲をより絞る方向をとりました。ただ、一般公開というものもあるようで、これがhitoisでやろうとしている部分となるのでしょうか。

まだ試してないので分からないのですが、公開範囲を絞ると、コミュニティとかはどうなるんでしょうかね。コミュニティもサークル単位になるのでしょうか。でも、サークルは個人で人を分類する単位で、コミュニティは複数の人で作るものですから、それはあり得ないか。

うーん、これからSNSはどのような形になっていくのでしょうか。